小型キャッシュドロワ DSM36SLN2/DSM48MLN2

DWM36SLN2ユーティリティ・ソフト DWM36SLN_UTL.exeの使用方法

●LAN 接続で使用する場合
DWM36SLN_UTL.exe をそのまま起動すると、ダイアログが表示されユーザーインターフェースを利用したドロワの制御となります。
起動画面を下図に示します。「ドロワ オープン」ボタンとその隣に「詳細」ボタンが表示されます。
この状態で「ドロワ オープン」ボタンをクリックすると、PC に接続したキャッシュドロワがオープンします。



「詳細」ボタンをクリックすると、下図のダイアログが表示されます。
このダイアログでは、出荷時のIP アドレスでLAN 接続しています。

接続したキャッシュドロワのLAN 接続時のIP アドレスとポート番号が、出荷時の設定で①の「接続IP, ポート」に設定されています。
既にIP アドレスとポート番号を出荷時設定から変えている場合には、この値を直接変更してください。
これからIP アドレスとポート番号を変更する場合は、「変更IP」「変更ポート」に変更したい値を入力し、対応する「送信」ボタンをクリックしてください。
サブネットマスク、Gateway IP につきましてはご使用になる環境に合わせて設定してください。
特に問題がなければ設定は必要ありません。
※注意
IP アドレスやポート番号などのネットワークに関する変更を行った場合、設定を反映させるために一度電源を切り、1~2 秒経過した後に電源を投入する必要があります。
IP を変更する場合、3 桁未満の数値では頭に0 を追加し3 桁で記入する必要があります。
例: [1]→[001]、[20]→[020]

この状態で②の「ドロワ オープン」ボタンをクリックすると、ドロワがオープンします。
ドロワがオープンした状態で③の「ドロワステータス取得」にある「送信」ボタンをクリックすると、「ドロワステータス取得」テキストボックスに「オープン」の文字が表示され、ドロワをクローズしてから「送信」ボタンをクリックすると「クローズ」と表示されます。

④の「ドロワオープンタイミング設定」は、ドロワのオープン動作が遅くなる場合などに、変更することで改善されることがあります。

⑤の「デバイス名取得」は「送信」ボタンをクリックすることで、キャッシュドロワのデバイス名を取得し「デバイス名取得」テキストボックスにデバイス名を表示します。
「デバイス初期化」は「送信」ボタンをクリックすると、工場出荷時の設定に全て戻ります。

⑥の「送信コマンド」はテキストボックスに、「コマンドの説明」に示されているコマンドを入力し「送信」ボタンをクリックすると、キャッシュドロワにコマンドが送信され、必要な場合にはデータを受信します。
受信したデータは「受信ステータス」テキストボックスに表示されます。
※注意
複数のコマンドをまとめて送信することも可能ですが、ドロワオープンのコマンドを送信した後は、コマンドの終了にしばらく時間(数百ミリ秒)が必要なため、受信ステータスが受信できないことがあります。

●仮想COM 経由のLAN 接続で使用する場合

キャッシュドロワに仮想COM 経由でLAN 接続する場合は、上図①の「接続方法」コンボボックスから仮想COM ポート番号を選択します。
ここでは例として「COM2」を選択しています。
仮想COM ポートの設定については、後述します「仮想COMの設定方法」を参照ください。

 

本ページ記載事項は、予告無く変更されることがあります。また記載されているメーカ公表の性能参考値は工場出荷時の代表的な値または設計時の値をあらわすもので、製品個々の性能を保証するものではありません。