DKDキャッシュドロア

 DSM36SDK / DSM48MDK


ホーム > キャッシュドロア > DSM36SDK / DSM48MDK

製品一覧

 

 

        盗難防止のセキュリティスロット(ケンジントンロック)対応のレシートプリンタ接続モデル


3札6硬貨1サブスペース 対応の小型モデル(DSM36SDK)

 幅336mm、奥行き368mm、高さ90mm、3札6硬貨

金券や棒金を十分に収納可能な中型モデル(DSM48MDK)

 幅410mm、奥行き420mm、高さ100mm、4札8硬貨

主要プリンタメーカーに対応

 EPSON、スター精密、シチズンなど国内メーカーのプリンタに対応してます。

開閉検知スイッチ付き

 ドロア開閉時のステータスが取れ、ソフトウェアでも検出できます。

本体色は、ホワイト・ブラックの2色

 ホワイトはアイボリーではなく綺麗な白色です。

 

 




制御方法

       

本製品は、レシートプリンタのDKDポートに接続し、プリンタ経由で制御を行います。

制御方法はプリンタにより異なりますので、各プリンタメーカーの取り扱い説明書をご確認ください。

 

EPSONプリンタから、「OPOS ADK Ver.2.70J R4」 および 「OPOS ADK for .NET Ver.1.12.7J」で

動作することを確認しております。

但し、EPSON OPOS ADK for .NET Ver.1.12.7Jをインストールする際は、Microsoft POS for .NETを予めインストールする必要があります。


 

対応プリンタ一覧
EPSON

TM-T885、TM-T70Ⅱ、TM-T90Ⅱ、TM-T20(DT、iシリーズも含む)その他DKD対応プリンタ

スター精密 TSP143ⅡU、TSP143GT、TSP654シリーズ、TSP700Ⅱシリーズ  その他DKD対応プリンタ
SII RP-E10/RP-E11、RP-D10 その他DKD対応プリンタ
シチズン

CT-S600Ⅱシリーズ、CT-S800Ⅱシリーズ その他DKD対応プリンタ

その他各社DKD対応のプリンタ

 

WindowsドライバからDKDドロワの設定方法(例:TM-T885)

 

 

 

iPhone/iPod touch/iPad/Androidからドロアを制御する方法

 

タブレット端末から印刷が可能なBluetoothやWiFi対応のレシートプリンタのDKDポートにドロアを繋げて制御することができます。

レシートプリンタを使用せずにキャッシュドロア単体をタブレットから制御される場合は、LANモデルをお選びください。

ただし、ソケット通信プログラムを作成する必要がございます。

Windowsタブレットの場合はUSBモデルをお使いください。

Windowsタブレットの機種によってはUSB機器が接続できない場合もございます。

 




DSM36シリーズの特徴(おすすめポイント)

 

 ポイント1 小型タイプながら6硬貨の収納が可能

     消費税対策はお済みですか?
     
消費税8%導入により、つり銭が増え6硬貨の収納が必要です。   
     通常、小型キャッシュドロアは、5硬貨対応の製品が多く、2種の硬貨をまとめて収納する場合が多いようです。
     弊社ドロアは、付属のコインカップで6硬貨までの収納を可能にします。
     コインカップはコイントレイのどの位置にも装着できます。

 

     

 
 

コインカップ

 

一番右端にコインカップを装着した場合

 

サブスペースエリアも確保

 

 

  オプションでコインカップのみの販売もしております。コインカップ の販売と詳細はこちら
 

 ■ポイント2  コンパクトな奥行きサイズ

     紙幣3種・硬貨6種を十分に収納しつつも、奥行きサイズは368mm。
     小型モデルの中でもさらに奥行きを抑えたタイプです。
     寸法:幅336mm、奥行き368mm、高さ90mm(ゴム足含む)

 

 ■ポイント3  盗難防止!

     店頭など目につきやすい場所に設置されるドロアは、常に持ち去りの危険にさらされています。
     小型のモデルほどセキュリティ対策は必要です。
     テクノベインズでは、ドロア背面にセキュリティスロットを設けました。
     ケンジントンロックで固定すれば、レジを離れた際も安心です。
 

     

   

 

 

セキュリティスロット

 

ケンジントンロックを装着

  ドロアを固定します  

 

  Kensington社(ケンジントン社)のセキュリティスロット の販売と詳細はこちら

 




仕様

 

設置場所に困らない省スペース仕様
  幅336mm、奥行き368mm、高さ90mm(DSM36シリーズ)

ゆったり収納が可能な中型モデル

  幅410mm、奥行き420mm、高さ100mm(DSM48シリーズ)

鍵付属。鍵による手動開閉も可能です。

 

内部トレイ

 

 DSM36シリーズ コイントレイは3札6硬貨+サブスペース。全硬貨に対応

 

 内部トレイは、紙幣3種・貨幣6種仕様
(コインカップ装着時)

コイントレイは着脱可能  
 

 
    コイントレイの下に商品券や紙幣が収納できます  

 

 

  サブスペースには、コイン・棒金・クリップなどを収納可能。またサブスペースをコイン収納として

  使用することで、全種類の紙幣と硬貨を収納できます。

 

 

サブスペース拡大写真

サブスペース収納例  
 

 
 

コインの収納に十分な大きさです

棒金の他に、印鑑や鍵などの小物も収納できます  

 

 

 

札押さえは丈夫なスチール製

全ての紙幣・硬貨を収納可能  
 

 

 

 

 DSM48シリーズ 4札8硬貨で余裕の収納

 

内部トレイは、紙幣4種・貨幣8種仕様

貨幣仕切位置の変更が可能

コイントレイは着脱可能

 

 

 

ボールペンや印鑑などの小物も収納することができます。

 

コイントレイの下に商品券や紙幣が収納できます
 

 

■セキュリティスロット対応 (DSM36/DSM48共通)

  ケンジントンロックによる固定が可能です。盗難や不用意な持ち運びを 防ぎます。

  ケンジントンワイヤは別途ご用意ください。ケンジントンワイヤーも取り扱っております

 

■扉正面にスリットを配置。 (DSM36/DSM48共通)

  ドロアをオープンせずに、コイントレイ下に紙幣や商品券を入れられます。

 

 

 

■3種類のインターフェースをご用意。 (DSM36/DSM48共通)

  DKD接続の他に、USB接続LAN接続のモデルもございます。

 

 

本体色はホワイト、ブラック

  ホワイト、ブラック共にレシートプリンタや、タブレットと一緒にご使用されても

  違和感のない色合いに仕上げました。

   

 

 



トレイ寸法

 

■DSM36トレイ寸法

 

 


 

■DSM48トレイ寸法

 

 

 



製品仕様


    製品名 DSM36SDK-W DSM36SDK-B DSM48MDK-W DSM48MDK-B
    本体色

    ホワイト

    ブラック

    ホワイト

    ブラック
    インターフェース

    DKD

    24Vソレノイド

    トレイ 紙幣

    3ブロック

    4ブロック

    貨幣

    6ブロック(付属コインカップ使用時)

    8ブロック

    サブスペース

    1ブロック -
    本体寸法 336mm 410mm
    奥行    368mm ( シリンダー部分を含まず)    420mm ( シリンダー部分を含まず)
    高さ 90mm (ゴム足含む) 100mm (ゴム足含む)
    質量

    本体 約4.5kg

    本体 約5.8kg

    電源 不要(DKD)
    強制開放

    付属の鍵

    セキュリティスロット 対応
    ケーブル長 DKDケーブル(約95cm)
    付属品 鍵2本、 コインカップ、DKDケーブル 鍵2本、LANケーブル

     

    Last Update : 2017/05/18

     

    キャッシュドロワは、レジ周辺機器です。レジスターやPOS(ポス、ピーオーエス)レジなどで用いられ、ドロワー、キャッシュドロワー、キャッシュドロア、キャッシュドロアー、ドロア、ドロアー、キャッシャー、金銭出納箱、金銭引き出し、 収納箱、引出などと呼ばれる場合も有ります