KDC400シリーズ

~バーコードスキャナ機能・データコレクタ機能を備える~

iPhone4/4S、iPod touchに装着して使用 KDC410i

 

 

ホーム > iPhone/iPad/Android対応機器 > KDC400

製品一覧

 

 

   iOSデバイスに装着し、バーコードリーダとして使用します。データは保存できます。
    iOSデバイスに入力されたデータは、テキスト入力データとして利用できます。

iPod touch 4に装着前
iPod touch 4に装着後

特長

◆バーコードスキャナ機能

  1D(1次元)バーコードに対応。
  レーザ規格Class2のスキャナエンジンを装備。レーザー光により離して読み取ることができます。また、幅が広いバーコードを読み取ることができます。
赤色レーザー発光

◆接続設定が簡単

  KDC410iとiOSデバイスは、各々独立したデバイスとして動作します。(各々独立した電池電源で動作します。)
  両デバイスはBluetoothインターフェースのペアリング設定により、簡単に無線接続ができます。

 ◆データコレクタ機能

  読み取ったバーコードをKDC410i本体に保存できます。読み取りと同時に、送信出力することも可能です。
記憶できる最大メモリサイズは256KB(Flash ROM)です。

 ◆携帯できるボディサイズ

写真はKDC410iをiPod touch 4に装着した場合。
掌に収まる大きさ。
質量208g(iPod touch 4の質量を含む)
質量92g(製品本体のみ)
外形寸法62(W)mm×95(D)mm×20~40(H)mm。

上からつかんだ状態

   

※磁気カードリーダ機能

  本モデルは対応していません。磁気カードリーダ対応モデルの紹介ページ (⇒KDC410iのページ)
  KDC400シリーズの他の機種の主機能を比較参照する(⇒KDC400シリーズ モデル別一覧)

主な使用用途

■モバイル決済端末/モバイル接客端末

   カード管理システムを導入することで、クレジットカード精算、ポイントカードへのポイント課金が可能です。顧客情報の管理にも活用できます。

■商品管理・業務管理

   バーコードにより棚卸や在庫管理に。
 会員証や社員証の磁気データを活用して、業務管理が可能になります。

iOSデバイスを搭載例

●iOSデバイスを搭載する

iPod touch 4をソフトケースに装着してから、KDC410iに搭載します。

iPod touch 4(左側)
製品付属のソフトケース(中央)
製品本体(右側)

最初に、iPod touch 4(左側)を付属のソフトケース(中央)に装着。
iPhone 4を使用する場合も同様に装着します。
ソフトケースに装着したiPod touchを矢印の方向にスライドして
はめ込みます。
電気的な接続はございません。
はめ込み具合
 iPod touch 4は、KDC410iへ容易にはめ込むことができます。
 iPhone 4をKDC410iにはめ込む時、KDC410iの受け口のスペースに余裕がないので、力を入れてはめ込む必要があります。
   

●ペアリング(接続確立)の設定方法

ペアリングとは、Bluetooth無線通信を行うに当たり、両機器間の接続設定を行うことです。
①ペアリングは付属のペアリング設定バーコードを読込み設定します。パスキーの入力は不要です。
②ペアリング設定は初回のみ必要で、ペアリング設定が完了している場合は、本製品にiOSデバイスを搭載することですぐに使用できます。
バーコードリーダとしての使用方法(Bluetooth HIDモードの場合)

●スキャンボタンを押して読み取る場合

KDC410iの電源スイッチ(写真の白枠内)をONにすると、約12秒後に
KDC410iの起動完了を知らせるビープ音が鳴動します。
iPod touchのメモを起動します。
スキャンボタン(写真の赤色枠内)は、KDC410iの左右どちらにもついています。
左右のスキャンボタンのどちらかを押すと、レーザーが発光し、スキャンが開始されます。
レーザーをバーコードに照射し、バーコードを読み取ります。
バーコードが正しく読み込まれるか、もしくは一定時間読込みが行われなかった場合
レーザーは自動的に消灯します。

●スキャンレーザーが常時点滅の状態で読み取る場合

トリガーを手動設定から自動設定に変更します。
スキャナの読取口から発光するレーザーが2秒間隔で点滅を繰り返します。
KDC410iのバーコード読取口から少し離してバーコードをかざします。点灯すると同時にバーコードを読み取ります。

●スキャンしたバーコードを送信した結果

バーコードを読み取り後、バーコードデータがiPod touchのメモにテキスト入力されます。
   
バーコードリーダとしての使用方法(iOS MFiモードの場合)

●MFiモード対応アプリ「KTSync」をApple Storeから無料インストールして使用できます。

【KTSyncの主な機能】

 ・KDC410iに蓄積したバーコードの件数と内容を確認できる。

 ・蓄積したバーコードを一覧表示直後にバーコードを全削除できる。

●「KTSync」以外のアプリを使用する場合
  本製品の製造元KOAMTAC社が提供するiOS専用SDKを利用して、独自にアプリを開発し配布する必要があります。

●ペアリングの設定は、Bluetooth HIDモードの場合と同様の手順で簡単に行えます。

データコレクタとしての使用方法

●読み込んだバーコードを保存する方法は2通りです。

 (1)スキャンしたバーコードをKDC410i本体に保存し、同時に接続先のiOSデバイスに送信出力する

 (2)スキャンしたバーコードをKDC410i本体に保存する

●保存したデータを、接続先のiOSデバイスに一括で送信出力できます
  (Bluetooth HIDモードとMFiモードに対応)。

保存データをiPod touch 4のメモ(テキストエディタ)に一括で送信した結果です。
(あらかじめ、KDC410iをBluetooth HIDモードに設定しておきます。)
  

●保存したデータは、全削除(オールクリア)できます(Bluetooth HIDモードとMFiモードに対応)。

●KDC410iにデータを記憶できる最大容量は256KBです。

モデル別一覧
KDC400シリーズ
モデル名 バーコード
リーダ
磁気カード
リーダ
対応iPhone / iPod touch
KDC410/KDC410i 1次元 なし iPhone4/4S
iPhone5/5S
iPod touch (2014年モデル)
iPod touch (2013年モデル)
KDC415J/KDC415i 1次元 あり
KDC420/KDC420i 1次元/2次元 なし
KDC425J/KDC425iJ 1次元/2次元 あり
KDC430J/KDC430iJ なし あり

上記モデル名に「i」が付いている商品は、Bluetoothプロファイルとして「iOSデバイス固有のMFi(SPP相当)」に対応。

 

 

 「KDC410i」は弊社で動作検証を行いました。

 採用をご検討のお客様でご不明な点がございましたらお気軽にご質問ください。

 

更新日時 : 2015/02/05

戻る トップページへ ご注文方法について 更新情報 
  テクノベインズ株式会社 〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目31-4 ツナシマ第1ビル2階 電話:03-3832-7460 (平日:09:00-17:30) FAX:03-3832-7430
Techno Veins Co.,Ltd. Tsunashima Daiichi Bldg 2F, 31-4, Yushima 3, Bunkyou, Tokyo, 1130034, JAPAN. Tel:+81 3-3832-7460 FAX:+81 3-3832-7430  sales@technoveins.co.jp (弊社地図)
Copyright © 1987- Techno Veins Co.,Ltd. All Rights Reserved.