Techno Veins Web shopping PageUSB接続キャッシュドロワDWB48MUSB



USBダイレクト接続キャッシュドロワ[人気商品]

●PCのUSBポートにダイレクトに接続

●USBのHID方式による接続なので、Windowsデバイスドライバのインストールは不要

付属オープンユーティリティで、ExcelやAccessのデータベースからでもオープン可能

●プログラムに組込むことで、レシート印刷の制約を受けず、自由なタイミングでオープンできます

●スタイリッシュで高級感のあるデザイン

●紙幣・貨幣仕切部ともサイズ調整可能

●ドロワを開かずに、チケットやクーポン券などを前面スリットから入れられます

※HID(ヒューマンインターフェースデバイス)クラスは、USBキーボードやUSBマウスなどで用いられている、簡単に取扱いができるUSB方式です。HIDクラスは、Windowsが標準でサポートしている仕様なので、プラグアンドプレィ接続時に専用のデバイスドライバを必要としません。


dws48mrs2_open.jpg (96276 バイト) dws48mrs2_tray.jpg (97704 バイト) dws48mrs2_cointray.jpg (90992 バイト) dwb48mrs2_tray.jpg (79328 バイト)
オープンしたところ ドロワ内部トレイ 背面 DCジャックとUSB トレイを取り外したところ コイントレイ分離可能

 

 

 

 

 

仕様
製品名 DWB48MUSB
紙幣 4ブロック(調整可能) 予備仕切1枚、札押さえ1個付属
貨幣 8ブロック(前列固定、後列調整可能) 予備仕切1枚付属
コイントレイ 分離可能
寸法 420mm
奥行 442mm [コネクタ含まず]
高さ 105mm [111mm:ゴム足含む]
質量 本体 約9kg
インターフェース USB1.1 HID接続
接続コネクタ ドロワ背面 USB B 
PC接続用2M ケーブル付属
電源 ACアダプタ付属
本体色 アイボリー
強制開放 付属のカギによる
カギ 2本付属
左:ロック、中央(鍵が縦状態):PC制御、右:強制オープン
その他 前面紙幣スリットつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ソフトウェア

本製品は、Windowsパソコンからドロワをオープンできるユーティリティソフトウェアが付属しています。
ユーティリティをご使用いただきますと、Accessなど多くのデータベースプログラムなどでドロワオープンができます。
データベースソフトなど、外部プログラムの実行ができるアプリケーションからこの添付ユーティリティを呼出(EXEを起動)しますと、ドロワをオープンすることができます。

※プログラム開発の知識をお持ちの方で、自社アプリケーションから直接USB I/Fによりドロワ制御プログラムを組み込みたい場合は、テクノベインズまでお問い合わせください。
付属の専用DLLを呼び出すことで、ドロワオープンやドア状態をチェックすることができます。
(VC++でDLL呼び出し/Call BACKの知識が必要です。自社での組み込みが難しい場合、有料テクニカルサポートもございます。)


トレイ調整

tray_adjust1.jpg (30165 バイト) tray_adjust2.jpg (17018 バイト) tray_adjust3.jpg (13548 バイト) tray_adjust4.jpg (13987 バイト)
コイントレイの仕切を
持ち上げる
コイン仕切 紙幣仕切 紙幣押さえバー

コイントレイの後列(前列は固定)および札入れ部仕切り、紙幣押さえは幅を調整できます。
仕切を移動することで、使いやすいサイズに調整できます。
仕切やバーは、ラッチ付きのはめ込み式ですので、特別な工具がなくても調整可能です。
コイン仕切、紙幣仕切、紙幣押さえバーは1個予備が付属しています。

 

ドロワ前面スリット

dws48mrs2_tray_remove1.jpg (104884 バイト)

dws48mrs2_tray_remove2.jpg (102320 バイト)

dws48mrs2_tray_remove3.jpg (100928 バイト)

前面スリットはコイントレイ下に
つながっています

コイントレイをはずしたところ トレイをはずし
上に重ねたところ

ドロワ前面スリットはコイントレイ下に直結しています。
たくさんの紙幣をコイントレイ下に入れてドロワを使用した場合、お札の厚みでコイントレイが持ち上がり、
開閉時トラブルを発生することがあります。コイントレイ下をご使用される場合、たくさんの紙幣などを入れないよう、充分にご注意ください。

 

トレイカバー&トレイセット[別売りオプション]

トレイを単体で取り扱う際に便利なカバーです。
DWB48Mシリーズ専用のカバーです。
鍵により不用意にカバーが外れなくなっています。(トレイカバーは防犯目的では使用できません。)
→ DWB48Mシリーズキャッシュドロワ用トレイカバー をご覧ください。


ご購入は

テクノベインズショッピングサイトにて販売中です。

 

Q&A

Q. DWB48MUSBは、どうやって制御するのですか?
A. DWB48MUSBにはユーティリティソフトウェアが付属しています。
このユーティリティは実行(EXE)ファイルですので、インストールを行うことにより、USBの制御プログラムを作成しなくてもドロワを制御できます。
EXEファイルを実行するとWindowsにダイアログが表示されますので、このダイアログからドロワを開くことができます。

また、ダイアログを表示させずに、ドロワを開くこともできます。

   
Q. VC等による自分のプログラムからドロワを制御することができますか?
A. DWB48MUSBには、専用DLLが付属しています。
このDLLを使用してプログラムを組んでいただくことで、ドロワを制御することができます。
DLLを使用して、以下のことができます。

ドロワオープン
ドロワ開閉状態の検出
ドロワのUSBポートへの接続の有無

※プログラム開発の知識をお持ちの方で、自社アプリケーションから直接USB I/Fによりドロワ制御プログラムを組み込みたい場合は、テクノベインズまでお問い合わせください。
USBドロワのHIDクラスを呼び出しをアプリケーションに組み込む場合、付属のDLLを呼び出すことで、ドロワオープンやドア状態をチェックすることができます。
(VC++でDLL呼び出し/Call BACKの知識が必要です。自社での組み込みが難しい場合、有料テクニカルサポートもございます。)

   
Q. ドロワをWindows PCインストールする際、デバイスドライバの読み込みは必要ですか?
A. DWB48MUSBは、ヒューマン インターフェイス デバイス(HID)クラスと呼ばれている、Windowsで標準搭載されている形式のUSBインターフェースを用いています。
Windowsに接続すると、プラグアンドプレィで自動的にHIDクラスの装置として認識されます。
HIDクラスのデバイスドライバは、Windowsに標準で組み込まれていますので、USB接続した際に特別なデバイスドライバをインストールするは必要ありません。


Windows XPのデバイスマネージャ表示例

USBドロワをUSBポートに接続すると、プラグアンドプレイ機能によりWindowsで認識された表示がされます。
HID機器であるUSBキーボードを接続した場合と同様に、「USB ヒューマン インターフェイス デバイス」として表示が現れます。

ドロワ自体のオープンは、付属のユーティリティを使用することでアプリケーションからドロワを制御できます。
※プログラム開発の知識をお持ちの方で、自社アプリケーションから直接USB I/Fによりドロワ制御プログラムを組み込みたい場合は、テクノベインズまでお問い合わせください。
USBドロワのHIDクラスを呼び出しをアプリケーションに組み込む場合、付属のDLLを呼び出すことで、ドロワオープンやドア状態をチェックすることができます。
(VC++でDLL呼び出し/Call BACKの知識が必要です。自社での組み込みが難しい場合、有料テクニカルサポートもございます。)

   
Q. USB接続は、コネクタを差し替えるとトラブルが発生しませんか?
A. 本機は、キーボードやマウスなどと同じ、USBのHIDと呼ばれる規格(クラス)を使用しています。 レジ周辺機器の一部に、COMポートをエミュレートするUSB機器があり、これらの中にはユーザーがUSBケーブルを差し替えるとトラブルが発生する事があるようです。主な原因として、USBの差込口を変えると、COMポート番号が設定と異なったり、デバイスドライバの再インストールを要求する場合があります。HID規格を用いた本機では、OSがUSBデバイスを制御しますので、安定した動作が行えます。
   
Q. DWB48MUSBがUSBポートに接続されていない場合、ソフトウェア側で知ることができますか?
A. できます。ユーティリティソフトウェアから状態を取ることができます。
また、プログラム作成が可能な場合、DWB48MUSBがUSBポートに接続されていない場合、DLLからエラーが返ってきます。
   
Q. DWB48MUSBは電源が必要ですか?
A. 必要です。DWB48MUSBには専用のACアダプタを標準で同梱しています。この専用ACアダプタをお使いください。
電源を供給しないと、ドロワをオープンすることができません。
   
Q. OCXドライバは付属していますか?OPOS ADKから制御できますか? 
A. OCXドライバは付属していません。OPOS ADKからは制御できません。
   
Q. COMポートを使用してドロワを開くことはできますか?
A. 本装置はCOMを使用しないため、COMポートからのオープンはできません。
USB接続をおこない、アプリケーションからCOM接続のドロワとして使用する場合は、DWB48MRS-2/USBをご使用ください。
   
Q. Windows 7で使用できますか?
A. テクノベインズの社内環境における動作試験では、Windows 7で動作することを確認しております。 参考:Windows 7対応状況

 

参照


参考技術情報

主要販売製品

テクノベインズWebトップ 見積依頼 Webショップ 総合案内    

防塵 ファンレスPC

バーコードスキャナ
[CCDタイプ]

業務用プリンタ
[レシート・ラベルプリンタ]

カスタマディスプレィ

スマホでPOS機器
SmaSvr[スマサバ
]

スマホでチケット印刷
スマサバ・プリント

防塵 コネクタキャップ

バーコードスキャナ
[レーザータイプ]

レジプリンタ サプライ品
[レシート用紙]

業務用キーボード
[プログラマブルキーボード]

ソフト

POS
Facille
[ファシール]

ネットワーク接続 VFD表示機

タッチパネルLCD

キャッシュドロワ

コンバータ

Win7対応状況

 

 

キャッシュドロワは、レジ周辺機器です。レジスターやPOS(ポス、ピーオーエス)レジなどで用いられ、ドロワー、キャッシュドロワー、キャッシュドロア、キャッシュドロアー、ドロア、ドロアー、キャッシャー、金銭出納箱、金銭引き出し、収納箱、引出などと呼ばれる場合も有ります。

本カタログ記載事項は、予告無く変更されることがあります。また記載されているメーカ公表の性能参考値は工場出荷時の代表的な値または設計時の値をあらわすもので、製品個々の性能を保証するものではありません。

Last Update : 2012/03/23

戻る トップページへ ご注文方法について 更新情報 
  テクノベインズ株式会社 〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目31-4 ツナシマ第1ビル 電話:03-3832-7460 (平日:09:00-17:30) FAX:03-3832-7430
Techno Veins Co.,Ltd. Tsunashima Daiichi Bldg, 31-4, Yushima 3, Bunkyou, Tokyo, 1130034, JAPAN. Tel:+81 3-3832-7460 FAX:+81 3-3832-7430  sales@technoveins.co.jp (弊社地図)
©Copyright Techno Veins Co.,Ltd. 1987-2014. All rights Reserved.